★受かる!自己分析シ-ト

★履歴書・職務経歴書 / 30代40代の転職 採用を勝ち取る!


エンプロイアビリティを高めよう!

転職などに際して、企業が求める能力として、
「エンプロイアビリティ」という言葉があります。

エンプロイアビリティとは、エンプロイ(Employ:雇用)と
アビリティ(Ability:能力)を組み合わせた言葉で、
「雇用されうる能力」というような意味になります。


エンプロイアビリティが高い人は、
転職に際しても、採用されるチャンスが高くなると言えます。


では、エンプロイアビリティとは、どのような能力を指すのでしょうか?


エンプロイアビリティの中身は、

1.専門的知識・スキル
2.コミュニケーション能力
3.情報発信・整理能力
4.積極性、進取性
5.人間性

などに区分されます。


すべてが備わっている人は、すばらしいですが、
実際そのような人は、稀有でしょう。


ある項目で優れていて、弱い項目も持っているのが普通でしょう。


ですから、例えば、専門的知識・スキルに乏しいと思う人は、
コミュニケーション能力や積極性などをアピールすることで、
採用担当者から、評価を得ることが可能になります。



「自分は誇るものは何も無い」という人も、
上記項目のいくつかは、アピールできるものを持っているのでは
ないでしょうか?


そして、それがあなたのPRポイントであり、強みになってきます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。