★受かる!自己分析シ-ト

★履歴書・職務経歴書 / 30代40代の転職 採用を勝ち取る!


職業訓練の特徴

2ヶ月〜4ヶ月の短期の職業訓練のコースにおいて、就職支援をしているキャリアコンサルタントからのアドバイスです。
国・自治体から職業訓練を受託し、某専門学校で訓練生の就職支援、カウンセラーとして仕事をしています。

職業訓練のメリットと留意すべき点をまとめてみると、

<職業訓練のメリット>

1.専門知識が無料で習得できる。
   雇用保険受給者は、交通費、日当も支給されます。
2.職場実習のチャンスもある。
   最近の傾向として、職場実習(1ヶ月)付きのコースが増えています。
3.就職活動に関する知識、やり方も学べる。
   専門科目以外に、就職支援の時間が含まれ、職務経歴書の書き方や面接指導などをしてくれます。
4.友人、仲間が出来る。
   同じ進路を目指して就職活動をしている仲間と出会えるチャンスがあります。


<職業訓練で留意すべき点>

1.自己責任、自己管理が基本
   職業訓練中、遅刻や欠席をしようとすれば出来るし、訓練中の居眠りも可能。
   ただ、それでは、受講する意味がありませんし、時間の無駄になるだけ。ダラダラと訓練を受けるだけなら、受けないほうがマシ。

2.未就職の期間が長くなる。
   訓練の申し込み、選考、受講期間を含めるとトータルで、数ヶ月〜半年くらいの期間が必要。その間、職歴上、ブランクが出来ます。

3.実務経験とはならない。
   基本的に、知識・技能は身につきますが、職場実習があったとしても正味20日前後。職業訓練を受けただけでは「実務経験」とはなりません。採用側が「実務経験」を希望した場合、いかにその壁を突破するかの課題が残されています。

4.就職先を見つけるのは自分。
   訓練中、専門的知識、就職活動のやり方などは教えてもらえますが、就職先は自分で見つけていく必要があります。
タグ:職業訓練
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113088177
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。