★受かる!自己分析シ-ト

★履歴書・職務経歴書 / 30代40代の転職 採用を勝ち取る!


「即戦力」の壁を打ち破る!

転職の場合、企業が重視するのは「即戦力」です。
もちろん、「人柄」が良いのはもちろんですが。

ですから、職業訓練で知識を得て、資格を取得しても、「即戦力がない」ということで、希望職種で、採用にならないケースも珍しくありません。
とりわけ、IT、経理、貿易事務は、実績が評価されるウエートが高いと言えます。

ただ、そのものずばりの経験が無くても、前職でその仕事に必要かつ関連した業務をしていたら、そうしたスキルをしっかりと自己アピールすることが大切です。

例えば、経理を目指すのなら、前職の営業事務で、請求業務や入金管理、小口現金の管理をしていたことをアピールしたり、医療事務を目指す場合、やはり患者さんに気持ちよく接する必要があるので、前職で接客サービスを身につけたこと、気配りできること、ごみがあれば率先してきれいにしていたことなどをアピールし、少しでも自分の経験を強調することが必要です。

そういう意味で、職業訓練を受ける前に、仕事をしっかり取り組んできたかが大きく影響してきます。アルバイト派遣などの雇用形態にはこだわらずに、自分をアピールするやり方を考えてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113087285
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。